給料ファクタリングについての情報が満載です!

給料ファクタリングの代表的なリスク

給料ファクタリングの代表的なリスク 魅力的なサービスに見える給料ファクタリングを利用するにあたっては、さまざまなリスクが伴うことを事前にしっかりと理解しておくことが重要です。
まずその代表的なリスクとして、多額の手数料の支払いが必要になる可能性がある点があげられます。
これは、給料ファクタリングにより給与債権を売却する際には必ず手数料の支払い義務が発生することに由来します。
特に、この手数料の相場は20から40%程度となっており、この値はお金を借りた場合の金利換算した場合非常に高いと言えます。
また、貸金業法や利息制限法により賃金を行う際の金利は年利換算最大20%とまでと決められている一方で、ファクタリングはその対象にはなっていません。
実際に1ヶ月の給与を10%の手数料でファクタリングした場合の年利は120%にもおよびます。
さらに、賃金扱いされない給料ファクタリングは総量規制の対象とはならいがゆえに多重債務者を生みやすいサービスとも言えます。
注意しましょう。

給料ファクタリングを利用してリスク管理を実施

給料ファクタリングを利用してリスク管理を実施 給料ファクタリングを利用することでリスク管理を実現できます。
景気の影響により倒産の懸念がある企業では、給料が未払いになる可能性があります。
給料ファクタリングを利用すれば、給与の支払い遅延や、未払いといった不測の事態を防ぐことが可能になります。
ファクタリングはキャッシングとは違い、債権の買取になりますから、申請にあたって担保や保証人の掲示の必要もなく、審査も簡略化されています。
過去に金融事故を起こし、ブラックリストに掲載されている方であっても、給料ファクタリングであれば問題なく利用することが可能です。
金融機関の信用情報に利用履歴が残ることはありませんので、住宅ローンを組む場合の審査など、高額ローンを利用する際への影響もありません。
多くのファクタリング会社では、スマートフォンを利用した申込みが可能となっています。
給料日まで資金が少ない状態に陥り、すぐに現金が必要な場合には、給料ファクタリングを利用するのが良いでしょう。