給料ファクタリングについての情報が満載です!

怪しい業者の見分け方は?給料ファクタリングの注意点

怪しい業者の見分け方は?給料ファクタリングの注意点 給料ファクタリングを利用する時の注意点は、利用しようと考えている業者をしっかりと調べてから契約をおこなうという点です。
2020年5月時点で給料ファクタリングを可能としている会社は、約2万5,000もの膨大な数で存在します。
そのすべてが信頼できるところと言い切ることはできません。
利用者によって提示される条件が良い・悪いと受け取り方も異なるので、必ず正式契約をする前に下調べをすることは大切です。
利用しようと考えている業者が怪しいのか、怪しくないんかを見分けるためのコツは、各会社が設けている公式ホームページを参照することです。
この時着目するのは金融庁の認可を受けているのか、給料ファクタリングにおける金利手数料の2点になります。
ファクタリングをおこなうには必ず金融庁の許可が必要で、いつ認可は下りたのかを会社概要に記さないといけません。
給料ファクタリングは年間1.8%の金利までとなっており、これよりも多い場合は注意をしましょう。

貸金業に該当する給料ファクタリングの注意点

貸金業に該当する給料ファクタリングの注意点 急な出費などが重なり日々の生活費が困窮している場合、勤務先の会社から毎月支払われる給料を事実上「前借り」することができる「給料ファクタリング」は魅力的なサービスです。
給料ファクタリングとは中小企業などが売掛債権を売却して当座の資金を調達する「ファクタリング」の個人版で、売掛債権の代わりに「給料債権」を売却することで資金を調達可能としています。
しかし注意点としては、資金調達の方法として法律的に認められているファクタリングに対し、給料ファクタリングは貸金業と認定されていることにあります。
債権を売却することはどちらも同じですが、給料ファクタリングの場合は業者と勤務先企業は何ら接触することはなく、支払期日までに給料をもらった利用者自身が業者に支払います。
この際に支払う手数料は実質的には「利息」と考えられ、上限金利20%を超える場合は法律違反となるため、金融庁も公式サイトで貸金業に登録のない業者は利用しないように呼びかけています。