いくらまでなら可能か

いくらまでなら可能か

いくらまでなら可能か 給料ファクタリングは給料日より前に早めに現金化することを言い、そのシステムを利用できる人は、会社員などで働いている給与債権者でないと利用できません。
発生している給与債権金額以上の早期買取をしてもらうことも不可能です。
給料ファクタリングはいくらまで利用できるのかというと、その上限限度額は人によって違います。
高収入で手取り金額が多ければ上限額は大きくなり、収入が低いと手取り金額が減るので限度額は低くなります。
一般的に正規労働者は、毎月の手取り金額の7~8割になります。
しかし、派遣社員やパートなどの非正規労働者は、時給計算で収入を得ていて、必ずしも固定の収入金額をいつも得られるとは限りません。
そのため買取の上限金額は低くなり、給料ファクタリングは毎月の手取り額の5~6割ほどになります。
給料ファクタリングを申請するには、本人確認書類や保険証、通帳コピーなどの書類が必要で、これを業者に渡します。
またボーナスなどの賞与は買い取ってもらうことができません。

給料ファクタリングで過払い金が発生した場合の対処法

給料ファクタリングで過払い金が発生した場合の対処法 給料ファクタリングとは、労働者個人が労働者個人向け金融サービスを行っている業者に給与債権を買い取ってもらい、手数料を差し引い引いた額を給料日よりも前に現金として手に入れる金融サービスになります。
労働者はこのサービスを利用した場合には、給与を受け取った後に業者へと支払いを行うことで返済していくという形です。
給料ファクタリングは債権を売却する売買契約であるため、借金にはならないというメリットがあります。
しかし、借金に比べて手数料がかなり高く、給料が満額受け取ることができないため、後で資金不足になってしまう可能性も考えられます。
手数料が高いため支払い過ぎた場合には、過払い金返還請求ができるようになっています。
ただし、自分一人で取り戻すことは難しいため、ファクタリングの内容や仕組みに詳しい弁護士や司法書士に頼る必要があります。
取り扱い件数の少ない案件ですので、給料ファクタリングに詳しい専門家に依頼することが大切です。