給料ファクタリングについての情報が満載です!

このサイトは、給料ファクタリングを利用する際の注意点から怪しい業者の見分け方まで幅広く紹介していきます。
他にもそれを利用する場合の代表的なリスクやそれらから守ってくれる法律、実際の被害例なども紹介しますので、利用する際の参考にしてみて下さい。
このサービスは給料日前にどうしてもお金が必要な場合にとても助かるものですが、リスクなどを理解しておかないと大変なことになってしまう恐れがあります。
リスクなどをしっかり理解して利用するようにしましょう。

給料ファクタリングの注意点|すぐに現金が手に入る分リスクもある

給料ファクタリングの注意点|すぐに現金が手に入る分リスクもある 給料ファクタリングを利用する際の注意点は、手数料が必要な点です。
給料ファクタリングはカードローンやキャッシングのように金利を払って返済する必要がありませんが、その代わりに手数料が必要になります。
その手数料は高めに設定されているケースが多いので注意が必要です。
他にも資金調達しているということを自分が勤めている会社にバレてしまう可能性もあります。
3社間の給料ファクタリングであれば、会社から給与債権を譲り受けるという了解を得なければならないからです。
したがって勤め先にお金に困っているという事実がバレてしまいます。
もし勤め先に利用していることを知られたくないのであれば、2社間の給料ファクタリングを利用するのがおすすめです。

給料ファクタリングを利用する際の注意点とは?

給料ファクタリングを利用する際の注意点とは? 給料ファクタリングは給料日が来る前にお金が足りなくなってしまった場合、給料の前借りのように活用できるので、ありがたいシステムなのではないでしょうか。
しかしそのようなメリットを持つ給料ファクタリングにも何点か注意点があります。
まず金利に換算すると想像以上に割高な点です。
消費者金融で借り入れをすると、利息制限法などで厳しく制限されているので年20%以上の金利を払うことがありません。
しかし給料ファクタリングは基本的に借り入れではないので、消費者金融のような法律での制限はなく、高額な手数料を支払わなければならないケースも多いです。
給料ファクタリングの返済日は次の給料日なので、1ヶ月以内にお金を返すことになります。
たった1ヶ月であっても手数料が10%程度かかることが多いので、仮に1年間利用し続けると120%の金利を払っていることになるので注意が必要です。
手数料10%と聞くとお得な感じがしてしまいますが、常に金利に換算すると何%になるのかを考えて利用するようにしましょう。
他にも注意すべき点は、悪徳業者が多い点です。
給料ファクタリングは許認可事業ではないので、登録を行う必要がありません。
したがってどんな業者が行っているのかわからないので、利用する際には細心の注意を払って利用するのがいいでしょう。

個人向けのサービスである給料ファクタリングとは

ファクタリングは事業を行っている者同士で発生する売掛債権を、入金日よりも前に現金化して資金を調達する手段です。
事業者は早めに現金を手にすることができる分、事業をさらに拡大したり、支払いに充てたりすることができるようになります。
一方給料ファクタリングは会社に勤めていて給料をもらっている個人向けのサービスで、1ヶ月分の給料の現金化になるため、ファクタリングよりも規模が少額になることが多いです。
ただし給料ファクタリングは貸付として考えられているため、手数料が利息制限法を超えていることも多く、その違法性が指摘されています。
法的に問題がある業者の場合、規制されている取り立ての制限を超えた対応をされる危険もあります。
すぐにお金が必要な人にとって給料ファクタリングは魅力のあるサービスに思えるかもしれませんが、近年では業者が摘発される例もあり、トラブルに巻き込まれないために利用はしない方が良いとされています。

給料ファクタリングでの資金調達の危険性について

売掛債権の買取を行うファクタリングは法的にも認めれている資金調達手段ですが、近年は給与を受け取っている個人向けのサービスである「給料ファクタリング」を提供している業者も出てきています。
給料ファクタリングは通常のファクタリングところなり、金融庁の見解では「貸金業」に当たると判断されています。
貸金業者は必ず届け出を行わなくてはなりませんが、中には貸金業者の登録を行っていないところも多くあるため、違法性が指摘されているのです。
法的に拘束されていない業者との取引は、思わぬトラブルに発展する危険性もあるため注意しなくてはなりません。
利用者が法的に裁かれるリスクは少ないものの、手数料を払わなくてはならないため、本来受け取ることができる給料を満額手にすることができなくなります。
資金繰りが苦しい中で利用すればその付けを将来に回してしまうことになるので、そのまま破綻する可能性もあります。
資金が必要な場合は別の手段を検討したほうが良いでしょう。

ファクタリングの参考サイト

便利な給料ファクタリング